「点滴に異物混入」 横浜市の大口病院が入院病棟を閉鎖へ

ざっくり言うと

  • 横浜市の大口病院が2016年いっぱいで入院病棟を閉鎖することが分かった
  • 大口病院では9月、入院患者2人の点滴に異物が混入し相次いで中毒死した
  • 財政難と、犯人の検挙がまだで新規入院患者の受け入れが難しいためだとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング