写真提供:マイナビニュース

写真拡大

浜松医科大学、浜松医療センター、浜松ホトニクスらの研究グループは11月28日、急性期脳梗塞に対するレーザ血栓溶解治療システムを開発したと発表した。

同研究グループはすでに、さまざまな動物モデルに同システムを用いた治療法を適用し、安全性および有効性を確認しており、12月1日より、浜松医療センターにて同システムを用いたレーザ血栓溶解治療法の安全性および有効性を確認する医師主導治験を開始する。

急性期脳梗塞においては、発症後4.5時間以内であれば既往症などの禁忌がない限り、アルテプラーゼの静脈投与による血栓溶解療法が標準の治療法として広く認められている。しかしアルテプラーゼの投与で脳主幹動脈の血流が再開通しない場合や、発症から4.5時間を過ぎている場合には、ほかの方法による血栓除去が必要となり、現在では主に機械的な血栓除去カテーテルが用いられている。ただし、血栓除去カテーテルでは血管内皮損傷や脳出血などの可能性があり、より安全な治療法が求められていた。

そこで今回、同研究グループは、血栓には吸収されるが血管内皮ではほとんど吸収されないという波長500〜600nmのレーザ光の性質を生かし、レーザを用いて血栓のみを選択的に溶解可能で、血管内皮の損傷がほとんどない波長532nmのレーザ装置と、血管を閉塞している血栓にレーザを有効に照射するための光ファイバーを内包した専用カテーテルを開発した。

同カテーテルは通常のマイクロカテーテルとほぼ同様の形状および操作性のため、造影剤を注入する診断用カテーテルの内部を通過させることができ、診断に引き続いて直ちに血栓溶解治療を行うことができる。また、従来の機械的な血栓除去カテーテルと異なり、カテーテルが血栓を通過する必要がなく血栓の手前からレーザを照射するため、カテーテルが血栓奥の血管を損傷することがない。レーザで溶解された血栓断片は10μm以下となるため、別の部位で再度血管閉塞を起こす可能性が低く、かつ体内の線溶系による自然溶解が期待できるなどのメリットがあるという。

(周藤瞳美)