写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GMOインターネットグループのGMOクリック証券は、グローバルサインの提供する「マイナンバー制度対応オンライン本人確認サービス」の一般利用を11月26日から開始した。証券業界でマイナンバー制度対応のオンライン本人確認サービスを導入するのは、GMOクリック証券が初めてになるという。サービスによりマイナンバーカードをカードリーダーで読み取らせるだけで、本人確認が可能となるため口座開設手続きをすべてオンライン上で完結させることが可能となり、口座開設とほぼ同時にサービスが利用できるようになる。

グローバルサインの提供するオンライン本人確認サービスは、マイナンバーカードをカードリーダーで読み取らせるだけで、運転免許証や健康保険証を送付する必要なく本人確認ができる。GMOグローバルサインは、マイナンバーカードの電子証明書の有効性確認を行えるプラットフォーム事業者として、2016年5月25日に総務大臣の認定を取得しており、今年8月のGMOクリック証券のサービス採用決定を経て、今回一般利用の開始に至った。

グローバルサインは、SSLなどの電子証明書を行う企業で2006年よりGMOインターネットグループの一員となっている。パブリックルート認証局として、日本をはじめアメリカ・ヨーロッパ・アジアを拠点に、ニーズに対応したSSLサーバ証明書をはじめとした150万枚の電子証明書発行実績を持つ。

(竹中貴一)