Basick、撮影中に手の甲を骨折「スケジュールに支障はない」

写真拡大

ラッパーBasickがXTM「リバウンド」の撮影中に手の甲を骨折したが、活動には支障がないと明らかにした。

Basickの所属事務所の関係者は28日、OSENに「Basickが『リバウンド』撮影中に手の甲を骨折して今日手術を受けた。でも、大きいケガではないので明日には退院する予定だ」と発表した。

手の甲を骨折して緊急手術を受けたが、重傷ではないということだ。関係者は「決まったスケジュールはそのままこなせる。JTBC『ヒップホップの民族2』にも引き続き出演する」と付け加えた。

Basikは、Mnet「SHOW ME THE MONEY4」の優勝者でMAMAMOOと同じ事務所に所属している。