神話、タイトル曲「Orange」MV公開…ファンに贈る温かいラブレター

写真拡大 (全2枚)

今回はステージの上で華やかなカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス) を披露する神話(SHINHWA) ではない。冬に温かい感性と愛を伝えるオレンジ色の神話だ。18年間一緒にいてくれたファンのための特別なプレゼントだ。

29日午前0時に公開された神話の新曲「Orange」は、曲名通りファンのための楽曲だ。オレンジ色は神話を代表する色で、「Orange」を曲名にすることでファンへの特別な愛情を表現した。甘くて愛らしい出口のない神話の魅力に、はまらずにはいられない新しい姿だ。

「Orange」は神話が長い間一緒にしてくれたファンのために準備した特別なプレゼントだ。季節が変わる間、お互いのために存在してきた神話とファンの関係を描いた。ステージの上でカル群舞とカリスマ性溢れるパフォーマンスを見せてきた神話だが、今回の楽曲では特別な魅力を見せてくれた。柔らかく感性的な「Orange」は、冬によく似合う暖かい音楽だ。

この曲は神話を象徴するオレンジ色をモチーフにした。多彩なリズムとメロディは暖かくて愛らしく、ファンのための神話の愛情がこもっており、胸をときめかせる。神話だけの特別なファンソングでさらに意味がある。ファンのための甘い告白だ。

神話はデビュー後今まで18年間グループを維持してきた最長寿アイドルだ。第1世代アイドルを代表するグループで、最近活動しているアイドルとも競争する特別なグループだ。音楽界で意味のある存在であるだけに、新曲「Orange」の意味も特別だ。冬を迎え、温かくて愛らしい神話の特別なラブレターでさらに嬉しい。