人口世界三位の国は?

写真拡大

人口が多い国を上からあげよといわれたら、まず中国と答えるでしょう。次に多い国はと問われたらインドとなります。ここまでは誰でも答えられる問題ではないかと思います。それでは人口世界三位の国はとなったら、少しとまどってしまうのではないでしょうか。

三位の国は?

世界の人口で一番の国は、中国です。およそ13億7千万人の人口がいます。ついで多いのがインドであり現在は12億9千万人ほどおり、13億人に迫る勢いです。今後、中国を抜いて世界一の人口国となるともいわれています。それでは人口3位の国といえば、アメリカ合衆国です。3億2千万人の人口を抱えています。

アメリカ人とは誰か?

アメリカ人といっても、その内訳は一様にとらえられるものではありません。アメリカというのは先住民であるネイティブアメリカン以外はすべて、外から渡ってきた人たちです。そこにはイギリス系、フランス系、ドイツ系、スペイン系、イタリア系と無数のルーツがあります。さらにアジアからも中国系、日本系、韓国系と多くの移民たちが渡っています。世界のあらゆる人種のルーツを持つ人たちがアメリカ人として生きているのです。そういう国であるからこそ、3億人を超える人口を抱えているといえるのかもしれません。さらに、人口のほとんどは西海岸と東海岸の海に沿って住んでいます。アメリカの中心部というのは人口がほとんどいないというのも面白い現象であるといえるかもしれません。ちなみに、2015年の人口ランキングでは、日本は10位でおよそ1億2700万人です。