エドガー・ラミレス Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images

写真拡大

 ウィル・スミスが「スーサイド・スクワッド」のデビッド・エアー監督と再タッグを組む新作映画「ブライト(原題)」に、エドガー・ラミレスが出演すると米ハリウッド・レポーターが報じた。

 Netflixで放送が決定している本作は、「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」を手がけたマックス・ランディスのオリジナル脚本で、スミスのほかにジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパスの出演が決定している。クリーチャーと人間が共存するファンタジー世界を舞台に、ロサンゼルス市警の刑事(スミス)と怪物のオーク(エドガートン)が、警察や犯罪者、謎の生き物たちから魔法の杖を守るために奮闘するというスリラー。ラミレスが演じるのはエルフで、FBIの“マジック部門”に所属する捜査官だという。本作は現在、ロサンゼルスで撮影が進行している。

 ラミレスは、英作家ポーラ・ホーキンズのベストセラー小説を映画化した新作ミステリー「ガール・オン・ザ・トレイン」(エミリー・ブラント主演)に出演しており、同作は11月18日から日本公開される。