「逮捕」報道の最中もASKAは頻繁にブログ更新

写真拡大

 多くのファンの願いも空しく、歌手のASKA(58)がまたも逮捕された――。

 11月25日夜に「盗撮、盗聴されている」と、自ら110番通報したASKA容疑者。言動に意味不明な点があったことから、警視庁で薬物の尿検査をしたところ陽性反応が。覚せい剤取締法(使用)の疑いで逮捕されたが、本人は「事実に反します」と容疑を否認しているという。

 2014年9月、覚せい剤取締法で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKA容疑者。

 このときの判決で東京地裁は、薬物の使用期間が長く、医師の治療を受けていた中での犯行だったため、「違法薬物に対する依存性は顕著かつ深刻で、常習性もかなり高い」として、覚せい剤事件の初犯としては重刑を言い渡した。

 再逮捕となると、今回は実刑判決を免れないかもしれない。もっとも、ASKA本人は逮捕前に、自らのブログを次のように更新した。

 「とにかく驚いています。もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがないのですから。これは、マスコミのフライングです。今は、これしかお伝えすることはありません」

統合失調症とも類似している覚せい剤精神病

 ASKAの言い分にどれほどの真実があるのか――。彼には、これまでも自身のブログに妄想的な文章を投稿しては削除してきた経緯もある。

 一般に覚せい剤の乱用で幻覚妄想が表れることはよく知られており、これは「覚せい剤精神病」とも呼ばれている。

 ASKAはこれまでたびたび「盗聴されている」との訴えをブログに綴っていた。この「盗聴されている」というのは、統合失調症患者もよく訴える内容だ。

 覚せい剤精神病と統合失調症の症状は、さまざまな点でよく似ていることは広く知られている。盗聴に対する不安も、覚せい剤乱用の結果であると考えることもできそうだ。
覚せい剤依存は病気! <刑罰でやめさせる>ではうまくいかない

 これだけ社会的な制裁を受けながら、それでも覚せい剤使用をやめることができないのは、どうしてなのだろうか――。

 薬物依存研究の第一人者である国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長である松本俊彦医師は、当サイトのインタビューにこう答えている。

 「覚せい剤依存というのは<病気>です。病気である以上、刑罰や叱責による歯止めには限界がある。だから、医療者は患者として相対し、できることをやっていくことが大切なんです」

 松本医師によると、覚せい剤依存は一種の<慢性疾患>であり、これを刑罰によってやめさせようとしてもうまくいかないことが多い。それよりも、いかに医療モデルの中に組み込んでいくかが大切なのだという。

大切なのは薬物について率直に相談できる援助者

 効果的なプログラムとしては、たとえば松本医師が開発した「SMARPP(スマープ)」がある(参照:薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?〜街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」)。

 これは、マニュアルとワークブックに基づく24セッションで1クールのプログラムだ。薬物についての知識を学んだり、認知行動療法的なスキルで再乱用を防いだりできるという。

 一方で、松本医師はこのようなことも述べている。

 「とにかく薬物について率直に話せる援助者との関係が長く続くほど、再発率が低いことがわかっています」

 人気アーティストだったゆえに、マスコミに常にマークされて普通の人としてふるまうことのできないASKA被告には、身の回りに薬物について率直に相談できる援助者があまりいなかったのだろうか。

 彼のためには、マスコミや一般人も奇異な目で監視するのではなく、共に支え合う人との関係が作りやすいように、そっと見守ることも必要だったのかもしれない。
(文=編集部)