高速道路でパンクしたら修理・交換は自分でやるかJAFに頼むか正解はドッチ?

写真拡大 (全11枚)

よほどのトラブルでない限りはまず数百m先の非常帯まで移動

高速道路のパンクは、JAFの出動件数でもNo.1のトラブル。去年一年間で2万7518件も出動している。では、もし高速道路でパンクしてしまったらどうすればいいのか。まずは慌てず、ハザードランプを点滅させながら徐々に徐行。そしてクルマを走行車線や路肩ではなく、必ず非常駐車帯まで動かしてから停車することだ。

非常駐車帯とは、故障車・緊急車両・道路管理車両等が停車することを目的に、道路の左路肩に設置したスペースで、トンネル以外では約500m毎、トンネル内においては約750mを目安に設置されている。

四本のタイヤが、いっぺんにバーストしたとすれば、話は別だが、トラブルを起こしたタイヤが1本だけなら、徐行したまま500mぐらいは動けるはず。二次災害を防ぐためにも、とにかく非常停止帯まではクルマを移動させよう。

次に左側のドアからクルマを降りて、ガードレールの外に出て、発煙筒を焚き、三角表示板を設置する(車道は歩かず、ガードレールの外側を歩いて、故障車の50mほど後ろに置いて後続車に知らせる)。このとき、故障車のハンドルは左方向にフルロックするまで切っておき、エンジンをかけたまま、ハザードランプと付けっぱなしにしておく。

次に、携帯電話か非常電話で、道路緊急ダイヤル(#9910)か110番に電話して、故障の状況を必ず伝える。これはJAFなどのロードサービスを呼ぶときも、自分でその場でパンク修理をする場合でも必須事項。

通報することで、情報板に故障車が停車していることを表示し、後続車に注意を促したり、状況に応じて高速隊や交通管理隊が現地に駆け付け、車線規制などを行ってくれるからだ。

タイヤ交換もパンク修理もその場では行わない!

さて、ここからが本題だが、パンク修理は基本的にその場で行わず、JAFや保険会社と提携しているロードサービスを呼んで、SA・PAか高速道路の出口まで移動して安全な場所で行うこと。またロードサービスが到着するまでは、同乗者とともに車から降りて、ガードレールの外で待機するのも重要だ。

これはメカに詳しく、タイヤ交換が自分でできる人でも、スペアタイヤではなくパンク修理キットが標準のクルマでも同じ。近年、高速道路上で「人」がはねられる事故が多発しているので、路上での修理は基本的にNGだということを覚えておこう。

なおタイヤのパンクは

1:空気圧のチェック

2:亀裂や損傷のチェック

3:偏摩耗のチェック

4:溝の深さのチェック

5:釘などの異物のチェック

といった日常点検を怠らなければ、かなりの確率で未然に防げる。また、走行中にいつもと違うバイブレーションや異音(タイヤノイズが大きい)、ハンドルがとられる、といった症状に気付いたら、次のSA・PAに入り、タイヤの状況を確認すること(ガソリンスタンド併設のSAなら一番)。何事も安全第一で!

(文:藤田竜太)