北朝鮮の金正恩党委員長が28日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去したことを受け、駐朝キューバ大使館を弔問した。朝鮮中央通信が伝えた。

正恩氏は事前に花輪をおくり、大使館で黙とう。弔意録に「卓越した指導者はたとえ逝去したが、彼の名前と業績はわれわれみんなの記憶の中にとわに生きるだろう。偉大な同志、偉大な戦友を失った痛みを抱いて。金正恩」と記したという。

弔問には、朝鮮人民軍の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)総政治局長、金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官が同行した。