『BONES -骨は語る-』シーズン11

写真拡大

年明けから米FOXでスタートするシーズン12をもって終了することが決定している大人気ドラマ『BONES -骨は語る-』。そのキャラクターの一人が同局の犯罪捜査ドラマ『ローズウッド 〜マイアミ私立検視ラボ』に出演することが明らかになった。米TV Guideが報じている。

天才司法解剖医ローズウッドを主人公にした『ローズウッド』に登場するのは、『BONES』で法人類学者ブレナン(エミリー・デシャネル)に憧れているデイジー・ウィック(カーラ・ギャロ)。アメリカで12月1日(木)に放送されるシーズン2第9話「Half-Life and Havana Nights」にゲストとして参加するという。ローズウッド(モリス・チェスナット)とヴィヤ(ジェイナ・リー・オルティス)はキューバに関する事件で行き詰まってしまい、"TMI"ことタラ・ミリー・イジコフ(アナ・コンクル)が元ルームメイトのウィックに助けを求めるという展開になるようだ。

『BONES』ファイナルシーズンには、ブレナンの助手ザック・アディー(エリック・ミレガン)や、ブース(デヴィッド・ボレアナズ)の同僚でブレナンと一時恋仲だった"サリー"ことティム・サリヴァン(エディ・マクリントック)が再登場することがすでに発表されている。

『ローズウッド 〜マイアミ私立検視ラボ』シーズン2は米FOXにて毎週木曜に放送中。『BONES』ファイナルシーズンは米FOXにて2017年1月3日(火)にスタート予定。(海外ドラマNAVI)