だんだん寒くなってくる季節。冷えは女性の大敵、ということで心も体もほっこりするような、温かい飲み物を飲むのがいいですよね。でも、ただ温かい飲み物を飲むだけでは、飲んだ後に逆に体が冷えてしまうこともあるのです。今回は、本当に体を芯から温める飲み物と飲み方をご紹介します。

温かい飲み物で体が冷えるってどういうこと?

コーヒーにしても紅茶にしても、寒い季節はアイスではなく、ホットで飲むと思います。温かい飲み物を飲めば体は温まりますよね? でも、温度が高いというだけでは、体を芯から温めることにはならいないのです。食べ物に体を温める食べ物と冷やす食べ物があるように、飲み物にも体を温める食べ物と冷やす飲み物があります。例えば、コーヒーには体を冷やす作用があるので、いくらホッとコーヒーを飲んでも、その後体を冷やしてしまうことになるのです。

体を冷やす作用のある飲み物は?

見た目が薄い色の飲み物は体を冷やす働きがあります。牛乳や豆乳、ビールも体を冷やす飲み物です。夏に飲むビール程、美味しいものはありませんが、ビールには体を冷やす作用があるので火照った体を冷やす夏向きの飲み物とも言えます。その他にもワインでも白ワインには体を冷やす働きが、フルーツジュースでは、オレンジやリンゴ、梨、スイカ、マンゴーなど、体を冷やす作用のあるフルーツを使ったものは飲むと体が冷えてしまいます。

体を温めるのはどんな飲み物?

それでは、これからの季節に飲みたい体を温める飲み物にはどんなものがあるのでしょうか。

発酵した飲み物は体を温める

コーヒーは体を冷やしますが、紅茶は体を温める飲み物です。紅茶は、茶葉を発酵させて作りますが、発酵したものには体を温める働きがあるのです。私たちは緑茶を良く飲みますが、実は緑茶も発酵させていないため、体を冷やしてしまいます。その他に、ウーロン茶、赤ワイン、ほうじ茶などが体を温める飲み物です。お酒ならビールよりも日本酒をチョイスした方が、冷え性対策としては効果的です。

体を冷やす飲み物を飲みたい時は?

コーヒーや緑茶は体を冷やす飲み物ですが、あることをすれば体を温める飲み物に変身させることができます。それは、体を温める効果のある素材をプラスして飲むこと。生姜やペッパーなどの香辛料には、体を温める効果があるので、飲み物に入れれば体を冷やす飲み物を飲んでも大丈夫です。もちろん体を温める飲み物に、体を温めるものを入れて飲めば効果は倍増です。冷え性対策として生姜紅茶を飲むといいと言われるのは、体を温める飲み物と素材を組み合わせて飲んでいるので、効果が高いということです。

体を温めるためにと思って飲んでいたのもが、もしかしたら逆に体を冷やしていたかもしれません。寒い季節は、できるだけ体を冷やさないように、心から体を温める効果のあるものを選んで飲みましょう。


writer:岩田かほり