三菱自動車(以下三菱自)が11月28日、新役員体制を発表しました。

1

それによると、代表取締役会長にカルロス・ゴーン氏、新任の社外取締役候補に日産自動車で副会長を務めた元通産省官僚の伊佐山建志氏、日産自動車専務執行役員の川口均氏、日産自動車 常務執行役員で経理担当の軽部博氏の3名が挙げられています。

これにより三菱自の取締役は、カルロス・ゴーン会長以下、益子修社長、山下光彦取締役、白地浩三取締役、池谷光司取締役の11名体制となる予定。

また、今回の人事で国内営業担当の服部俊彦氏と生産担当の安藤剛史氏が取締役から退任する予定で、三菱自生え抜きの取締役は不在に。

益子修氏については以前にお伝えしたとおり、ゴーン氏からの強い要請により、一定期間に渡り、取締役社長として当面の経営にあたる予定。

将来的には日産から先行して派遣され、三菱自の立て直しに尽力中の山下光彦氏が同社の取締役社長職に就くものと予想されます。

新役員体制は、12月14日開催予定の臨時株主総会、並びに同総会後の臨時取締役会で正式決定されることになります。

Avanti Yasunori・画像:三菱自動車/日産自動車)

【関連記事】

日産ゴーン社長が三菱自動車の会長を兼任、益子氏は社長留任で何が起きる?
http://clicccar.com/2016/10/19/409698/

三菱自動車が不正防止対策のため組織変更。副社長直轄体制へ
http://clicccar.com/2016/10/03/404281/

元初代プリウス開発者が精査した三菱自動車の開発実態は?
http://clicccar.com/2016/08/04/390331/

三菱自動車、日産との提携を正式に締結!「外の目」で体制立て直しへ
http://clicccar.com/2016/05/31/374144/

日産がいち早く発動した三菱自とのシナジー戦略とは?
http://clicccar.com/2016/05/25/373756/

三菱自動車がゴーン会長を筆頭とする新取締役人事を発表!(http://clicccar.com/2016/11/29/421805/)