画像

写真拡大 (全2枚)

 朝日新聞社の音声ニュースアプリ「アルキキ」がバージョンアップ。これまでは1日に最大30本程度の音声ニュースを無料で提供してきたが、新機能「アルキキ+」を利用すると、1日100本以上の音声ニュースを聞くことができる。

 朝日新聞社の提供する音声ニュースアプリ「アルキキ」が、11月28日、バージョンアップした。新機能「アルキキ+(プラス)」が実装され、1日100本以上配信される音声ニュースを速報として聞くことや、配信されるニュース分野やニュースの本数を利用者の好みに合わせたカスタマイズができるようになった。

 「アルキキ」ではこれまで、1日に最大30本程度の音声ニュースを無料で提供してきたが、「もっとたくさんのニュースを聞きたい」、「聞くニュース分野を選びたい」という利用者の声に応え、配信システムを一新した。

 「アルキキ+」では、新着ニュースのほとんどを音声化し、文字ニュースの配信直後に速報として配信する。1日の配信数は100〜150本になる予定。また「最新10本」のほか、「政治」「社会」など特に聞きたいニュースジャンルを選んで、本数や優先度を決めることもできる。なお、同機能は、各アプリストアでのアプリ内課金として有料(月額240円または、3カ月600円。初回30日間は無料)で提供される。

MarkeZine編集部[著]