海外事業を推進する「ヨックモック」三代目に聞く、アイデアの源泉

写真拡大

「お手土産といえばヨックモック」。そんなイメージが根強いが、いまや中東でも大人気という。創業者の孫として、海外事業を推進してきた藤縄武士社長に聞く、クリエイティビティの源泉とは。

ヨックモックは祖父が創業した会社です。祖父は幼いころより兄の立ち上げた「藤縄商店」で菓子販売を手伝っていたのですが、折悪く太平洋戦争が勃発。終戦後にチョコレートメーカーとして再出発しました。

その後、洋菓子業界で生き抜く方法を模索していた祖父は、1969年5月の欧州視察の際にラングドシャというクッキーに出会ったことで新商品「シガール」のアイデアを思いつきます。同年8月、百貨店向けの菓子販売会社として初代ヨックモックを設立。社名は、祖父がホスピタリティあふれるおもてなしに感動したスウェーデン北部の町「JOKKMOKK」にちなんでいます。

家業を継ぐことに関しては、幼いころから祖父に「三代目」と呼ばれ(笑)、なんとなくそんな思いもありましたが、中・高時代に全寮制の学校で多くの帰国子女と出会い、外国への憧れが増してしまって。大学卒業後は商社に入社し、2年のアメリカ駐在も経験しました。ヨックモックに入ったのは34歳のころです。

入社して感じたのは、当然メーカーなので商品開発から日の目を見るまでのプロセスが、商社に比べると非常に長く、一つひとつが重要なこと。単品350円であろうが、5,000円のセットであろうがそれは同じように時間をかけるわけです。時代に沿ってうつろいゆくお客様の期待や想定を超え、驚きや感動をお届けする、そこは非常にクリエイティビティを求められるところだと感じます。

そのクリエイティビティを活性化するためには、あくまで私自身の場合ですが、少し満たされない、何か物足りない環境にあえて身を置くようにしています。

旅行の際も、インフラの整った国や地域よりも少し寂れた場所に行く。そうすると、普段は当たり前と思っていたものが「こんなに便利だったのか」という発見があります。

何か購入するときも、最高級のスペックのものは買わないようにしています。オリジナリティとは何か、その源泉を確認できますから。あとは街中を歩いたり、さまざまな方からお話を伺ったりすることで情報をインプットし、人との対話を通してアウトプットすることで自然にアイデアとして集約されていく実感があります。

海外展開に関しては、アメリカでは約30年間販売していますが、おかげさまで最近ではアラブ首長国連邦、クウェート、オマーンなど、中東でも大変な人気となりました。中東はイスラム圏ですから、アルコールをたしなまないこともあり、お菓子を好む方が多いです。またアメリカ留学の際にヨックモックを知り、日本独特の甘さ控えめの上品な味のファンになったという方もおられます。

弊社は2019年に設立50周年を迎えます。このほど東京・青山本店をリニューアルしました。本店は日本建設業連合会BCS賞を受賞した建物で、ブルーのタイルが印象的。お客様から「学生時代にデートをした」「社会人になって自分のお金で来るのが夢だった」などたくさんの思い出話を聞いておりましたので、空間も新メニューも、時代に即した新しさは交えつつも、お客様の思い出を大切にしたリニューアルとしました。今後も歴史というものを刻みこみつつ、世界から愛される商品や空間を展開していきたいです。

藤縄武士の好きなものたち

【好きな映画】
「ゴッドファーザー」3部作。それぞれの主人公の決断がブレない点が魅力ですね。ファミリーの世代交代の映画でもあるので、学ぶことが大きいです。

【趣味】
自然が好きなので、アウトドアなどを家族と楽しんでいます。常に何かを考えている日々ですから、無心になれる釣りなどは貴重な時間です。

【宝物】
ミニカーや電車。大人になってからコレクションとして集めたのではなく、子どものころん遊んでたもの。手に取ると、「公園の砂場に埋めた」「滑り台から落とした」「父がドイツ土産で買ってきてくれた」など記憶が甦ります。一つひとつにストーリーがある、宝物です。

藤縄武士◎1971年、東京都生まれ。94年、玉川大学文学部卒業後、専門商社を経て、2005年ヨックモックに入社。製造部、管理本部、営業本部で実績を積み、11年よりヨックモックホールディングス専務。15年より現職。