写真提供:マイナビニュース

写真拡大

impactTVは11月28日、店頭販促向け小型タッチサイネージとして4型品「PISTA BASIC4」ならびに10型品「PISTA BASIC10」を発表した。

2製品ともに、タッチ式サイネージ機能に加え、人感センサ機能を搭載。これにより、消費者が商品棚前を通過する瞬間を狙った最適なタイミングで消費者に呼びかける映像を再生することを可能とした。

また、スライドショーやタッチコンテンツを簡単に作成できるCMSのライセンスは無償で発行されるほか、クラウドサービスとして提供されるため、インターネットに接続可能なPCを用いることで、いつでも自由にコンテンツを作成することが可能となっている。さらに、端末の稼働状況とコンテンツ内各ページの閲覧数をログとして自動的に端末本体に保存し、それを分析することも可能となっている。

なお、2製品ともにIPS液晶パネルを採用しているため、高解像度かつ広視野角のコンテンツ提供が可能だという。

(小林行雄)