28日、韓国メディアによると、支持率が下落している台湾の蔡英文総統に対し、李登輝元総統が「きちんと対処しないと韓国の大統領のような境遇に陥る」と警告した。写真は蔡英文総統。

写真拡大

2016年11月28日、韓国・ニューシスなどによると、支持率が下落している台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統に対し、李登輝(リー・ドンフイ)元総統が「きちんと対処しないと韓国の大統領のような境遇に陥る」と警告した。

李氏は26日、公の場で「台湾庶民らが最も成し遂げてほしいと願っている4、5の仕事のうち一つも解決できておらず、蔡総統の支持率が急速に落ちている」と述べた。また、これに先立ち李氏は、日本メディアを通じ「蔡総統には改革を推進する決断力と勇気のどちらも不足している」と蔡氏を強く非難していた。

台湾を代表する世論調査機関・指標民調が10月28日に公開した調査結果によると、蔡総統の業務遂行について「満足」と評価した回答は38.4%で前月より3.8ポイント下落、「不満」の回答は48.4%で同2.7ポイント上昇した。また蔡総統に対する信頼度はわずか38.4%にすぎなかった。

台湾のテレビ局が最近行った世論調査でも蔡総統の支持率は下落しており、いずれの調査でも、強固な支持層であった20〜30代の若い世代が態度を変えたことが要因と判明している。

一方、親友や側近らが続々逮捕・起訴され窮地に陥っている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率は25日、歴代大統領の最低値を再び更新し、韓国ギャラップの調査では4%にまで落ち込んだ。そうした中、韓国のネットユーザーは李元総統の発言を受け次のようなコメントを寄せた。

「槿恵より下になんて誰もなれないよ。台湾の皆さん、安心して」
「ああ、恥ずかしい」
「朴槿恵がとうとう無能の国際基準になった」
「光栄です。ヘル朝鮮(地獄のような韓国)が世界的な事例になりました」

「台湾の総統は独裁者の娘だったり、祈祷(きとう)師とつるんだり、政治しながら注射を打ったりしてたの?そうじゃないならそんなこと言わないであげて」
「今後、世界中の政治家たちがしょっちゅう朴槿恵の名を使いそう」
「赤っ恥だ。韓国のイメージが朴槿恵と崔順実(チェ・スンシル)のせいで汚物入れの底に落ちた」

「朴槿恵が女性の権威をおとしめてくれた」
「台湾には無理だよ。支持率4%なんて見たことないだろ?」
「これも一種の韓流?」
「大韓民国大統領が実にいいお手本になったね」(翻訳・編集/吉金)