フィアット500唯一のマニュアルモデル「500S」が150台限定で発売

写真拡大 (全4枚)

ツインエア・エンジンとMTを組み合わせた

フィアット500に唯一あるマニュアルモデル「500S」。今回150台の限定車として、12月10日より全国のフィアットディーラーで販売となる。シートデザインをファッショナブルにしたほか、ボディーカラーにボサノバ ホワイト/グルーブメタル グレー/ブルー イタリーの3色を設定した。

500Sはツインエア・エンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせたモデル。台数の割り振りはサノバ ホワイトが80台、グルーブメタル グレーが60台、ブルー イタリーが10台となっている。

マニュアルのフィアット500が欲しいなら、ぜひこのモデルをチェックしにディーラーを訪れてほしい。価格は税込み234万3600円で販売される。

FIAT500Sの主な仕様

【エクステリア】

エンジンONで点灯するLEDデイライトを追加

ヘッドランプの形状をプロジェクタータイプに変更

テールランプの形状を変更。ランプ中央部はボディ同色

フロントバンパーおよびバンパー下部の形状を変更

リアバンパーの形状を変更。これまでテールランプに組み込まれていたバックランプとリアフォグランプを、下部の モールに移設

【インテリア】

オーディオを5インチのタッチスクリーン仕様へアップグレード

センターコンソールにUSBと外部入力端子を装着

ステアリングホイールのデザインが変更され、オーディオおよびハンズフリーのコントロール機能を追加

ドリンクホルダーを改良。 ホルダーの内側にラバーサポートを装着することでドリンクの保持機能を改善

グローブボックスを新たに装着

シートをよりファショナブルなデザインに変更