「ケンカ上手なカップル」に共通すること13

写真拡大

ちがう考え方を持つ二人が長い時間いっしょにいるのだから、カップルがケンカをしてしまうのは避けられることではありません。しかしどんなケンカをするかによって、その後の二人の距離が変わってきます。上手なケンカをするカップルに共通することとは、いったいどんなことなのでしょう? アンケートで調査しました!

■「ケンカ上手なカップル」に共通すること

●第1位/「お互い相手に依存しすぎない」……35.8%
○第2位/「ありがとうやごめんをお互いいつも言い合っている」……13.0%
●第3位/「ケンカ中でもグチをあまり言わない」……10.6%
○第4位/「仲直りするときは『これからはこうしよう』という改善点を提示する」……6.5%
●第5位/「いつもスキンシップをたくさんしている」……5.7%
○第6位/「ふたりともポジティブ」……4.9%
●第7位/「ケンカに第三者を巻き込まない」……4.1%
○第8位/「○○したら仲直りするなど、ケンカのルールを作っている」……4.1%
●第9位/「完璧を求めない」……3.3%
○第10位/「まわりと自分たちを比べない」……2.4%
●第10位/「お互い、ひとりの時間を大事にしている」……2.4%
○第10位/「ふたりとも性格が似ている」……2.4%
●第10位/「ケンカしても『別れる』のひと言は絶対言わない」……2.4%
※第14位以下は略。

■第1位/「お互い相手に依存しすぎない」

第1位は35.8%で「お互い相手に依存しすぎない」でした。心がすっかり相手に依存していると、少しでも強い言葉を言われただけですべてを否定されたような気分になってしまいますよね。それはお互いにとって得がないこと。心の逃げ道を常に作っておくのは重要なことですね。

■第2位/「ありがとうやごめんをお互いいつも言い合っている」

第2位は13.0%で「ありがとうやごめんをお互いいつも言い合っている」。心の底では相手に感謝しつつ、言いたいことはいつでも言うという関係は、心配もストレスも少なくてよさそうですね!

■第3位/「ケンカ中でもグチをあまり言わない」

第3位は10.6%で「ケンカ中でもグチをあまり言わない」。ケンカの原因にだけ言及して、ほかのことについては持ち出さないというのはスッキリしていいケンカかもしれません。

■まとめ

「雨降って地固まる」という言葉があるとおり、やりようによってはケンカはお互いの絆を深めてくれるきっかけになります。取り返しのつかないケンカではなく、二人をもっと知るためのケンカをしたいものですね。

(タブロイド/佐藤)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月26日〜2016年10月3日
調査人数:123人(22〜34歳の女性)