写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みずほ銀行とソフトバンクは11月25日、個人客向けにFinTechを利用するレンディング・サービスの提供を目的として、新会社であるJ.Scoreを設立したと発表した。これは、両社が9月15日に締結した基本合意書に基づくもの。

新会社は、利用客のデータ提供や追加情報入力でスコア・アップなどが可能になるというスコアリング・モデルを利用する、スマートフォンで手続きが完結するスコア・レンディングを提供する予定という。なお、両社によるとスコア・レンディングの提供は国内初とのこと。

スコアリング・モデルとは、みずほ銀行が保有するビッグデータやローン審査ノウハウ、ソフトバンクが保有するビッグデータやAIによるデータ分析のノウハウを融合したものといい、これにより審査応諾範囲の拡大や、競争力のある金利水準を実現していくという。 なお、新会社は与信審査のために顧客情報を取り扱う予定だが、サービスの利用客から、この利用目的への同意を受けることを前提としているとのことだ。

同社は、「みずほ銀行とソフトバンクの強みの融合」「新しいブランドの創造」「店舗等を持たないローコスト運営」「強固なコーポレートガバナンス」を基本方針とし、従来に無い魅力的なサービスの提供を通じて、「一生懸命人生を頑張る人の夢の実現を応援すること」を目指していくとしている。

なお、同社の本店所在地は東京都港区、資本金は50億円、うち資本準備金が25億円であり、株主構成はみずほ銀行とソフトバンクが50%ずつで、みずほ銀行の連結子会社になるという。

代表取締役社長CEOは大森隆一郎氏が、代表取締役副社長CFOは大庭則一氏が、それぞれ務める。

また、同社は現在、貸金業登録申請中であり、今後、体制を整備した上で、2017年度前半には事業を開始する予定とのこと。

具体的な事業内容やサービスの詳細などは、事業開始前に改めて発表するという。

(山本善之介)