じぶん銀行は28日、「じぶん銀行スマートフォンアプリ」をバージョンアップし、新機能「みんなのマネー事情」を提供開始した。

 「みんなのマネー事情」は、性別・年齢・地域など9つのプロファイル条件を設定すると、全国15万人の調査データに基づく平均金融資産を自在に探索できる。このようなデータバンク機能をスマホアプリで提供するサービスは日本の銀行では初めてだという。

 年齢など基礎的な項目だけではなく、ライフスタイルや趣味など様々な条件を設定して探索できるのが大きな特徴。プロファイルの組合わせ数は総計100万種類以上で、条件設定に当てはまる平均金融資産をすぐにグラフで見られる。

 「10年後の自分」「結婚した自分」「家を購入した自分」といったように設定を変えることで、それぞれのケースで金融資産をシミュレーションするかのように探索することもできる。