NECは28日、さまざまな音を聞き分けて、発生している状況を認識する「音状況認識技術」を開発したと発表した。

 防犯カメラなどの映像だけではわかりにくいシーンでも、音を情報として加えればより詳細な状況が把握できる。しかし、広い範囲を対象とすると、認識対象以外の音(環境雑音)が多く、目的とする音をうまく聞き取れないという課題があった。

 今回開発された技術は、マイクで収集した音を、目的とする音と不要な環境雑音に分け、雑音は取り除いて必要な目的音のみを高い制度で取り出し、判別するもの。具体的には、「ガラスの割れる音」「悲鳴」「罵声」などを聞き取り、他の音は取り除くことで「ケンカ」の状況を判別する。

 同社では、公共施設や観光地における犯罪・事故の検知や、高齢者宅の見守りなどで新技術を活用していきたいとしている。