精神科医がASKA容疑者に警鐘 他人に危害を加える可能性も

ざっくり言うと

  • 精神科医の日向野春総氏が、ASKA容疑者に警鐘を鳴らした
  • 覚醒剤を再び使用すると、他人に危害を加える可能性が高くなるという
  • 日向野氏は「一刻も早く拘束して治療するべきだ」と主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング