菅田将暉が森永製菓「DARS」の新CMに出演!

写真拡大

森永製菓株式会社は、映画やドラマに引っ張りだこの人気若手俳優・菅田将暉を起用した新TV-CM『毎日ダースの日』篇と『ダースの日』篇を、12月6日(火)より放送開始する。

【写真を見る】菅田将暉が「HAPPY DARS DAY〜♪」と気持ちよ〜く歌う!

新CMキャラクターに選ばれた菅田は、何と「ダース」と同じ'93年生まれ。さらに“ダース”をひっくり返して読むと“スダ(菅田)”になるという、不思議な運命も感じさせる菅田が、「HAPPY BIRTH DAY」のメロディーに載せて「HAPPY “DARS”DAY」ソングを披露している。

また、11月29日より、100種類以上のムービー&ゲームコンテンツで遊べるスマホキャンペーン「ならべダース」も始動。「ならべダース」のサイトにアクセスし、ダースの粒を並べた写真を撮ってアップするだけで、さまざまなムービー&ゲームコンテンツが楽しめる。

菅田が登場するムービー、くすっと笑えるムービー、ゲームコンテンツなど、「ダースの粒のならべ方(配列)」次第でさまざまなムービーやゲームコンテンツが満喫できる。また、菅田が登場する期間限定ムービーも順次公開されるそうなので、ダス…じゃなくて、スダのファンは特にお見逃しなきよう。

なお、スマホキャンペーン「ならべダース」の詳細は同キャンペーン公式サイトまで。

【『毎日ダースの日』篇のストーリー】

今回のキャンペーンコンセプトは「毎日HAPPY DARS DAY!」。どんな小さなことでも、いいことがあればその日はHAPPYな日ということで、どこかの誰かに起こった小さなHAPPYを、誰もが知るあの「HAPPY BIRTH DAY」のメロディーに載せ、「HAPPY DARS DAY〜♪」と歌いながら、菅田がお祝いに駆け付ける。

CMでは、電車で居眠りする女性が肩によりかかってきたことで、小さな幸せを感じているサラリーマンを祝福するため「HAPPY DARS DAY〜♪」と歌いながら、タキシード姿で菅田が登場。しかし次の瞬間、男性に寄りかかっていた女性の肩を抱き寄せてしまうという暴挙(?)に出る。

次の場面では、コンビニで会計時に777円が出たことに小さな幸せを感じている男性の元に現れた菅田だが、どさくさに紛れてダースをお会計に入れてしまうなど、他人の

HAPPYをお祝いするはずが、おいしいところはちゃっかり持って行ってしまうという、おちゃめな姿が描かれる。

【『ダースの日』篇のストーリー】

「12月12日はダースの日」を広めるため、同日が同じく記念日となる「漢字」や「明太子」「バッテリー」などが登場する中、タキシード姿の菅田が登場。「漢字の日」「明太子の日」「バッテリーの日」をお祝いするかと思いきや、「HAPPY DARS DAY」ソングを歌いながらダースをアピールするという、コミカルな演出となっている。

CMでは「漢字の日」として、書道家が白壁に字を書いていると、白壁からダースを持った菅田が登場。そして次々と12月12日が記念日である「明太子」「バッテリー」が登

場するも、菅田が全て「ダースの日」として印象を“上塗り”し、ラストにはコーラス隊と共に「HAPPY DARS DAY to You〜♪」と大合唱するという華やかな仕上がりになっている。

【CM撮影秘話】

コミカルな演出でありながらも、真剣な表情で撮影に取り組んでいた菅田だが、撮影の合間には共演者やスタッフと別の撮影で学んだアクション技術などについて、和やかに談笑する姿も。アクションは振りを大きく見せることがコツだそうで、今回のCM撮影にも早速その知見を活用していた。

「ダースの日」篇で、菅田と明太子が一緒に回転するシーンでは、自らポーズを提案して納得がいくまで撮影が行われ、最終的には9回も回転していた。

また、CMのBGMともなる「HAPPY DARS DAY」ソングの収録時にも、さまざまな歌い方を披露したり、監督からの「叫びながら歌うカットの表情が数パターンほしい」という要望には、目の開き具合や体ののけぞり方といった細かい部分にまでこだわりを見せるなど、演技の幅が広い菅田ならではのさまざまな表情が見られたようだ。