26日、RFI中国語版サイトはデンマーク玩具大手レゴ社の中国工場稼働を報じた。アジア市場での需要が高まる中、同市場の需要の80%を生産する計画だ。中国の成長鈍化が伝えられているが、巨大市場はいまだに大きな魅力を擁している。資料写真。

写真拡大

2016年11月26日、RFI中国語版サイトはデンマーク玩具大手レゴ社の中国工場稼働を報じた。

レゴ社のアジア初となる浙江省嘉興市の工場が25日にオープンした。アジア市場での需要が高まるなか、アジア市場の需要の80%を生産する計画だ。中国の成長鈍化が伝えられているが、巨大市場はいまだに大きな魅力を擁している。

もっともレゴ社の中国進出には政治問題の影がつきまとう。昨年には中国の著名な芸術家アイ・ウェイウェイ(艾未未)がレゴブロックを使った政府批判的な作品を作ろうと計画したが、レゴ社はブロック販売を拒否し、大きな騒ぎとなった。(翻訳・編集/増田聡太郎)