「Rapiim Eye 10(ラピーム アイ テン)」と「Rapiim Flu-AB(ラピーム フル エービー)」(写真:東芝メディカルシステムズ発表資料より)

写真拡大

 東芝メディカルシステムズは28日、インフルエンザウイルスを迅速かつ微量でも検出できる検査システム「Rapiim」を、12月上旬から販売すると発表した。

 今回発売するシステムは、ウイルスなどの抗原の有無を自動で判定する同社製のたんぱく質分析装置「Rapiim Eye 10」に、独自に開発した専用の体外診断用医薬品であるインフルエンザウイルスキット「Rapiim Flu-AB」を組み合わせて使用する。

 ウイルス量が少ない感染初期の検査においてもウイルスの検出が可能となる高感度化を実現しており、早期診断、早期治療に役立つことが期待される。使用は3ステップの簡単な操作で行え、所要時間も8分と簡単、迅速に自動判定できることから、誰でも安定した検査を実現。

 大きさも置き場所を選ばない軽量コンパクト設計となっている。サイズは150(幅)×230(奥行き)×150(高さ)mm。重量は約1.6kg。