27日、国内外の著名人を集めたろう人形の展示館が新たに登場し、これまでの人形に負けない衝撃的なレベルがネット上で話題になっている。

写真拡大

2016年11月27日、国内外の著名人を集めたろう人形の展示館が新たに登場し、これまでの人形に負けない衝撃的なレベルがネット上で話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国では最近、全国各地でろう人形の展示館が登場しては、そのクオリティーの低さが「地雷レベルの衝撃」と話題になってきた。不動産会社がマンションのモデルルームの客寄せに設置したものなどが多く、有名な「マダム・タッソーろう人形館」のクオリティーには遠く及ばないものばかりだ。

このほど新たに、遼寧省瀋陽市にろう人形の展示館が登場した。そこに飾られているのは、マイケル・ジャクソンやアーノルド・シュワルツェネッガー、ジャッキー・チェン(成龍)ら国際スターをはじめ、俳優グォ・ヨウ(葛優)や女優スー・チー(舒淇)といった中華圏の人気スター、実業界から中国のオンライン通販最大手・アリババグループのジャック・マー(馬雲)会長など。どれもこれもが、「目に突き刺さるレベル」とネットユーザーの間でホットな話題になっている。(翻訳・編集/Mathilda)