ホラン千秋

写真拡大

28日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)でホラン千秋が、喫煙に対する嫌悪感を主張した。

番組冒頭、「公共マナーで大激論」と題して、「新型電子タバコの路上喫煙 許せるか許せないか」というテーマで、出演者が電子タバコの是非について議論した。

「許せる」派の哀川翔は「電子タバコって言ってるけど、タバコじゃない」「火もつけないし、煙も出ないし、ニオイもしないんだよ」と切り出す。すると、非喫煙者だというりゅうちぇるは「ぼくたちからしたら、タバコ」「『電子タバコ』だから」との理由で「許せない」を選択。さらに「ニオイするよね。ぼく吸わないからめっちゃ敏感」と哀川に反論した。

りゅうちぇるの意見にホランも「ニオイします」と声をあげ、さらに「非喫煙者は見た目に、そもそも嫌悪感があるんですよ」「害がないとか、一応わかってても、もうこれ(吸う仕草)が嫌なんですよ」と、喫煙者を痛烈に批判した。

その後もホランは「食べ物は(自分で)選択して食べる」「タバコを吸う人も(自分)で選択して吸う」「でも、受動喫煙者は選択してないけど、仕方なく吸っちゃう」「選択の余地がない」と、不満をあらわにしていた。

なお、8月にまとめられた厚労省の「たばこ白書」などによると、電子タバコに使われる溶液にはニコチンを含むものと含まないものがある。含むものは医薬品医療機器等法の規制対象となるが、現在のところ国内で承認を受けたニコチン入り電子たばこはないという

【関連記事】
ヒロミ 新型電子タバコでの喫煙姿に本音漏らす「カッコ悪っ」
坂上忍が喫煙者への厳しい風潮に怒り「どんだけ譲歩させれば気が済むんだ」
ヘビースモーカーの後藤輝基 タバコを隠されるドッキリで怒り