27日、江西省の火力発電所事故の背景には厳しい工期などがあったとみられている。

写真拡大

2016年11月27日、人民日報によると、24日、江西省豊城市の火力発電所で、建設中だった冷却塔の足場が倒壊し、多数の死傷者を出す事故が起きたが、その背景には厳しい工期などがあったとみられている。

【その他の写真】

事故の初動調査では、足場が倒壊した背景には、厳しい工期に加え、遅れによる工期圧縮、突貫工事、施工会社の不手際や管理不足などがあったとみられているが、とりわけ工期の圧縮が惨事を招いた原因だった疑いが出ている。

どのような建設工事も科学的な根拠に基づいた適正な工期と行程表が設けられるべきだが、効率性や省コストばかり優先して資金も労働力も十分用意せず、その場その場で工期を圧縮すればそれだけリスクは高まることになる。

広東省建築業協会の梁剣明(リアン・ジエンミン)会長は、「工期を圧縮せず建設を完了できる施工会社は存在しないのが現状だ」と、安全性を考慮しない業界の状態を明かしている。(翻訳・編集/岡田)