大好きな彼のことだからちゃんと愛情を伝えたい、もっと大切にしたい、とそんなふうに思えたらとても素敵なことですよね。でも男性と女性では“うれしい”と感じるツボが少しちがうかもしれません。
そこで今回は、男性目線でみた“彼女がしてくれたらうれしいこと”についてリサーチしてみました。

彼が絶対喜ぶシンプルな行動6つ

大げさなジェスチャーやお金のかかることでなくても大丈夫、じつはシンプルだけど愛情のこもった行動そのものこそが喜ばれるのです。
ではそんな行動とはいったいどんなことなのでしょう?

手書きの“メッセージカード”を用意する

“あなたのこと大好き”、“ずっと一緒にいようね”、などいざ面と向かって伝えるにははずかしい気持ちも、手書きのメッセージなら素直にストレートに伝えることができるのではないでしょうか。
“手書き”というところに特別感があり、彼も絶対うれしくなるはず。たとえば彼が出張などでしばらく会えなくなるときなど、こんなカードを用意して、“待ってるわ”という気持ちをさりげなく伝えてみてはいかが?

彼の趣味に口出しせず、好きなようにさせておく

恋人がいても自分の趣味の世界は邪魔されたくないもの、と感じる男性は多いようです。そんなとき、“もっと私といてよ!”なんてかまってちゃんになるのはもっとも敬遠される行為。
スポーツ観戦、ジム通い……対象がなにであれ、彼が趣味の世界に没頭したがっているときは彼の気持ちを尊重し、放任主義に徹するほうが、彼もハッピーだし、あなたのことを恋人として尊重してくれます。

1日の終わりにマッサージをしてあげる

緊張とストレスつづきの仕事を終え、1日の最後に彼女が優しく肩をもんだり、マッサージしてくれたらなによりの癒しになるはず。忙しい二人でも、マッサージしながらその日の出来事を話し合ったりすれば質の高い“恋人タイム”を過ごせます。
もちろん交代制にして、彼にマッサージしてもらうのもアリ。“今日も1日お疲れさま。明日もまた頑張ろうね”というポジティブな気持ちになれる“儀式”にしてしまいましょう。

栄養バランスをしっかり考えたお弁当を作ってあげる

お財布事情が厳しく、かといって自炊も得意ではない彼にとって、彼女が栄養バンスのとれたお弁当をつくってくれるのはとても心強い味方となります。
それに“手づくり“というのは、彼女としてできる最大限の愛情。毎日でなくてもいいので、お弁当をつくってあげることで、彼の胃袋とハートをしっかりつかんでおきましょう!

怖くなったら、すぐに彼のもとにかけこむ

いくら草食系男子が増えたからといっても、彼らの心の奥底には“大切な彼女を守りたい”という保護本能がちゃんと息づいています。ですからなにか怖くなったり、不安を感じたときは迷わず彼のもとにかけこみ、“助けて!”と可愛く甘えてみましょう。
普段はしっかりしている彼女がそんな弱い一面をみせると、彼としてはグッとくるはず。たまには演技をしてでも、彼を“男”としてたててあげることも必要です!

デートのプランニングをする

今度はいつ、どこで、どんなデートをするか、すっかり彼まかせにしていませんか? そのくせ、なにか気に入らないとすぐに不機嫌な態度が出る……というのは彼女失格! 彼だっていろいろ考えて、悩みながら決めているのだし、それに毎回まかされっぱなしでは彼もアイデアが尽きてしまいます。
デートはふたりで楽しむための時間、だからこそたまにはあなたが主導権をにぎって、計画を立ててはいかが? どんなデートなら彼が喜んでくれるか、真剣に考えてプランニングすれば、彼だってとってもうれしいはずです。

いかがですか?
恋人同士って一緒にいる時間が長くなると、つい相手に甘えすぎたり、逆に勝手な期待を押しつけてしまいがちです。そうならないためにも、以上6つのことを中心に、彼にもっと喜んでもらえることをみつけてゆきましょう。