12月6日放送の第9話から「逃げ恥」に登場する内田理央
 - (C)TBS

写真拡大

 11月28日、集英社より同時発売された写真集「だーりおといっしゅうかん」(週刊プレイボーイ)「だーりおのいっしゅうかん」(MORE)も話題の女優・モデルの内田理央が“逃げ恥”こと「逃げるは恥だが役に立つ」(毎週火曜よる10時・TBS系)に出演することが決定した。内田は12月6日放送の第9話から、IT企業のサラリーマン平匡(星野源)の取引先で働く女性・五十嵐杏奈として出演し、平匡の同僚のハイスペックイケメン風見(大谷亮平)に熱烈なアプローチをかける超ポジティブ女子という役どころとなっている。

 超奥手な平匡のみくり(新垣結衣)への「不意打ちキス」が猛反響を呼んだ第6話に続き、先週22日に放送された第7話では2度目のキスを経て、「平匡さんとなら……」とみくりから大胆なアプローチを受けるもキャパシティーオーバー状態となり拒絶した平匡。予測不可能な急展開が続き、増々視聴者の熱が高まる中、人気急上昇の内田が参戦!

 本作への出演にあたり、内田は「わたしも、わたしの周りも、みんな『逃げ恥』のムズキュンの虜になっていて、毎週展開を楽しみにしていたので、この作品に出演させて頂けることになり本当に嬉しいです!」と大興奮。「わたしが演じるのは、“ポジティブモンスター”と呼ばれる五十嵐杏奈という役で、その名の通りポジティブです(笑)。とにかくめげない。それでいて頭の回転も早くて嫌われない術を知っている、できる女子」とのこと。自分に自信がなく恋に不器用なみくりとは対照的なハイスペック女子で、風見はみくりに思いを寄せ平匡と「シェア婚」しているだけに、杏奈の登場によって一波乱起きそうな気配だ。

 11月29日に放送される第8話では、みくりが平匡の前から姿を消し、“契約結婚”がピンチに。平匡はみくりを拒絶したことが原因と考え、一人悶々と悩む中、同僚との飲みの席でみくりについて風見と言い合いになり、感情的になってしまう……。(編集部・石井百合子)