モロ好み!!「元気でよくしゃべる」VS「静かで話の聞き役に回る」男性が好きなのは?

写真拡大

みなさんは、自分はよくしゃべるタイプだと思いますか? それともどちらかというと聞き役に回っているほうが多いタイプだと思いますか? 世の中の男性は、この2つのタイプだとどちらのほうが好みなのか、アンケートを実施してみました。

Q.付き合うなら、どちらのタイプの女性のほうがいいですか?

「元気でよくしゃべる女性」……69.0%
「静かで話の聞き役に回ってくれる女性」……31.0%

7割近くの男性が「元気でよくしゃべる女性」と回答しました。なぜなのでしょうか。それぞれの理由を見て行きましょう。

<元気でよくしゃべる女性>

■一緒に楽しみたい

・「お互いに元気にいっぱい話して笑って楽しくいられたほうがいい」(34歳/情報・IT/技術職)
・「元気に話してくれたほうがこちらも元気になるから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「明るい女性はこっちまで明るくなりますし楽しい。静かで聞き役に回ってくれる女性もいいですが一緒にいっぱいしゃべりたい」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

たくさんお互いのことを語り合い、一緒に楽しみたいと考える男性は、どうやら多いようです。

■相手のことが知れるので

・「話をたくさんしてくれるほうが何を考えてるかわかりやすいから」(27歳/その他/販売職・サービス系)
・「相手のことをよく知りたいのでよく話してくれる人がいいです」(30歳/その他/その他)
・「元気な子が調子が悪いとき、すぐにわかるから」(34歳/情報・IT/技術職)

特に初対面の相手なんかだと、その人のことをより知るためには、自分からしゃべってもらうのが一番ですよね。

■自分が静かなので

・「自分が静かだから、相手にしゃべってもらったほうがいいから」(28歳/運輸・倉庫/営業職)
・「自分が口下手なので話をしてもらいたいから」(38歳/建設・土木/技術職)
・「自分が人見知りなタイプなので話してくれる人がいい」(30歳/運輸・倉庫/その他)

自分が静かで、でも沈黙が苦手だという男性の場合は、女性のほうにしゃべってもらいたいと考えるようです。

■話を聞くのが好き

・「人の話を聞くのが好きなので、話しててほしい」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「自分が話を聞くほうが多いので。しゃべってくれて、それに反応するのが好き」(30歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「自分があまり話をするタイプではないのと、好きな人の表情がコロコロ変わるのを眺めているのが好きなため」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

人の話を聞くのが好きだというタイプの男性も多いよう。そういう人の場合、しゃべっている女性を観察するのが楽しいのだそうです。

<静かで話の聞き役に回ってくれる女性>

■話を聞いてもらいたい

・「自分自身がけっこうしゃべるのが好きなので、比較的しっかり聞いてくれる子がいいなと思う」(25歳/運輸・倉庫/その他)
・「自分が心配性で不安なので常に話を聞いてもらいたい」(37歳/アパレル・繊維/その他)
・「愚痴や自分の話に共感して話を聞いてくれたらうれしいから」(34歳/医療・福祉/専門職)
・「自分の悩みや考えを受け入れてくれる女性は素敵だと思うから」(23歳/その他/その他)

自分が口下手という人の場合でも、そんな自分の話をゆっくり聞いてくれる人がいると魅力を感じるのだそうです。

■落ち着きがあるほうが好き

・「お互いに黙っていても、居心地が悪くなく、落ち着く感じが理想」(31歳/運輸・倉庫/その他)
・「聞き役に回ってくれて適切な相づちを返してくれるほうが一緒にいて安心できるから」(32歳/情報・IT/技術職)
・「長年ともにするなら落ち着いた方のほうがお互いにいい関係、距離感でいられるから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

静かな環境を好む男性も少なくないよう。沈黙を苦と感じず、一緒にいることを楽しめる関係というのも素敵ですよね。

■元気がありすぎるのも疲れそう

・「あまり元気がよすぎても疲れてしまいそうだから」(36歳/建設・土木/技術職)
・「しゃべり続けられると疲れる。静かに過ごしたい」(36歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「元気な人もいいと思うが、静かにしていてほしいと思うこともきっとあるから」(33歳/建設・土木/営業職)

マシンガントークをずっと聞き続けるというのもなかなか大変なこと。おしゃべりにも程度というものがあるようです。

■まとめ

アンケートでは「元気でよくしゃべる女性」のほうが上回りましたが、2人の関係性やその男性がどういう空間を求めているかなどによって、当然ながら好みは変わってくるようです。気になる相手がどちらのタイプを求めているかわからないうちは、ちょっとずつ会話を進めていくことで探ってみる必要がありそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数387件(22〜38歳の働く男性)