アンジェラ・バセット 写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

 マーベル・スタジオの新作映画「ブラック・パンサー(原題)」に、アンジェラ・バセットが出演することがわかった。

 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のチャドウィック・ボーズマンが主演する同作は、アフリカの小国ワカンダの王にして超人的な戦士ブラック・パンサーことティ・チャラの戦いを描く。米ハリウッド・レポーターによれば、バセットはティ・チャラの母ラモンダ役を演じるようだ。

 ほかに、マイケル・B・ジョーダンとウィンストン・デュークが悪役として、またフォレスト・ウィテカーがワカンダの年長の政治家ズリ役で出演。さらに、オスカー女優のルピタ・ニョンゴ、「ボーダーライン」のダニエル・カルーヤが共演する。

 監督は、「フルートベール駅で」「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラー。「ブラック・パンサー」は、2018年2月16日全米公開が予定されている。