28日、中国のポータルサイト・今日頭条は東京の物価について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は寿司。

写真拡大

2016年11月28日、中国のポータルサイト・今日頭条は東京の物価について紹介する記事を掲載した。

記事は、中国人旅行者4人が日本旅行に行った際の旅行記を掲載。東京に到着後、荷物をホテルに置いて最初に向かったのが日本料理店だが、作者は「とてもおいしかったけれど、値段が高すぎる」と紹介した。ほかにも、東京都内の様子を撮影した写真を数多く紹介し、道路がきれいなことや、夜になると人はあまり多くないことなどを伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「収入の低い人が日本旅行に行くと物価が高く感じるんだよ」
「日本人はわれわれの10倍の収入があると考えれば決して高くはない」

「発展途上国の給料を持って先進国に行ったのに高くないとでも思ったのか?」
「中国人の薄給で高価なものを楽しんでおきながら、よくも値段が高いなどと言えたものだ」

「旅行というものはどこに行ってもお金を燃やすようなものだろ」
「日本に行く人はみんな金持ちだろ。値段が高いことを気にするのか?」

「ベトナムに行けば高いとは感じないよ」
「日本滞在が長くなるほど高いとは感じなくなるよ」

「清潔で収入と支出のバランスが取れているというのが日本に対するイメージだな。日本人の優れている点を学ぶべきだと思う」
「中国の農家はかわいそうだな。中国の食べ物も高ければ農家はあんなに貧しいことはないのに」(翻訳・編集/山中)