28日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵大統領の友人、崔順実被告の国政介入事件に関し、チョン前大統領府秘書官の携帯電話の録音ファイルに、崔氏がチョン前秘書官に朴大統領の国政業務を指示しているものとみられる内容が含まれていた。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2016年11月28日、韓国・東亜日報によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人女性、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に関し、朴大統領と崔氏のメッセンジャーの役割をしていたチョン・ホソン前大統領府秘書官の携帯電話の録音ファイルに、崔氏がチョン前秘書官に朴大統領の国政業務を指示しているものとみられる内容が含まれていることが分かった。

韓国の検察特別捜査本部は、崔氏がチョン前秘書官を通じて伝えた内容が朴大統領に業務を“指示”しているのと同様である上、実際に崔氏の意見の通りに行われたものが多く、大統領府秘書室が朴大統領だけでなく崔氏も補佐していたと判断するだけの証拠をつかんだと明らかにした。特別捜査本部の検事が崔氏に通話録音を聞かせると、圧力を感じた崔氏は容疑を素直に認めたという。

また、チョン前秘書官の録音ファイルには、朴大統領が事細かに崔氏の意見を尋ねる内容も含まれている。チョン前秘書官が朴大統領の指示事項を履行するために通話を録音したファイルでは、朴大統領は「崔先生の意見は聞いたか」「崔先生に聞いてみて」と述べている。録音ファイルの内容は、ささいなことも自分で判断できず、崔氏に意見を求める朴大統領の姿が顕著に表れているといえるレベルだという。

これについて、検察関係者は「内容を聞いた捜査チームの検事らが失望と憤怒で自らの感情をコントロールできないほどだった」と明らかにし、「録音ファイルを10分聞いただけでも、『なぜ大統領がここまで無能でいられるのか』との考えが浮かぶ」と嘆いた。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「本当に嘆かわしい。国民にも公開するべき」
「国民にも知る権利がある!」
「さすがの朴大統領もこれ以上は逃げられない」

「韓国の大統領の名前は崔順実だった」
「もう“国民詐欺劇”の幕を下ろす時。朴大統領は今すぐに下野するべきだ」
「下野も崔先生がいないとできないのだろう」
「まさかとは思っていたけど、やっぱり朴大統領は操り人形だった。怒りを通り越して悲しい」

「朴大統領の写真を見ただけでも怒りが込み上げてくる」
「4年前にすでに予想していたこと」(翻訳・編集/堂本)