写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は「NV350キャラバン」の一部仕様を向上し、バンは11月25日に、ワゴンとマイクロバスは11月30日に発売すると発表した。今回の一部仕様向上では、バンの主要グレード(2WDロングボディ低床AT車)に「エマージェンシーブレーキ」および「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」を標準装備している。

「エマージェンシーブレーキ」は、フロントに装着されたセンサーで前方の車両を検知し、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合にメーター内の警告灯とブザーでドライバーに衝突回避操作を促すシステム。ドライバーが安全に減速できなかった場合には緊急ブレーキを作動させ、衝突を回避または衝突時の被害や傷害を軽減する。

また、ワゴンとマイクロバスの全グレードにおいて、VDCを標準装備することで安全性の向上を実現。5ATトランスミッション車においては、シフトレバーのインジケーター部に夜間照明を追加することで、夜間運転時の視認性が向上するとともに、内装の質感も向上させた。

「NV350キャラバン」の価格は、バンが220万7,520〜359万6,400円、ワゴンが256万3,920〜336万3,120円、マイクロバスが285万6,600〜348万4,080円(すべて税込)。なお、エコカー減税による減税措置により、自動車取得税及び自動車重量税が一部の車型・グレードで減税となる。

(木下健児)