『デスノート Light up the NEW world』 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

10月29日に公開を迎えた映画『デスノート Light up the NEW world』が、公開29日目となる11月26日に興収20億円、観客動員150万人を突破したことがわかった。10月29日から11月27日までの30日間の興収は20億4042万600円、観客動員は158万7380人となっている。

『デスノート』シリーズ、観客動員数累計がついに1000万人突破!

本作は、公開初週の週末興行成績ランキングで1位を獲得し、公開からわずか10日間で観客動員100万人を突破! 11月14日時点で本作の観客動員131万人を超え、『DEATH NOTE』(06年)の約227万人、『DEATH NOTE the Last name』(06年)の約419万人、2008年に公開されたスピンオフ作『L change the WorLd』の約249万人と合わせて、シリーズ累計の動員数が約1027万人と、1000万人を突破していた。

また、日本のみならず、70の国と地域での配給も決定。11月3日から公開したタイ、11月10日に公開を迎えたシンガポールでは初登場新作映画1位に輝き、両国ともに現時点までの興行成績は2016年公開邦画作品の中でNo.1となっている。