毎日1缶飲む人は糖尿病前症のリスクが劇的に上昇(shutterstock.com)

写真拡大

 炭酸飲料などの糖入り飲料の肩身が、ますます狭くなりそうだ――。

 すでにこれらの飲料は、肥満や糖尿病のリスクになることが知られているが、WHO(世界保健機関)は今年10月、糖分の多い飲料に対する課税、通称「ソーダ税」の各国への導入を勧告した。

 米国やメキシコの一部の州では、すでに実際にソーダ税が導入されている。WHOも世界的に増加している肥満や糖尿病への対策として、課税強化を各国に呼びかけたのだ。

 さらに今回、糖尿病の前兆を引き起こす可能性が高いことも報告された。

 米タフツ大学/米国農務省(USDA)ヒト加齢栄養学研究センターの最新研究報告(『Journal of Nutrition』11月9日オンライン掲載)によれば、砂糖入り炭酸飲料を毎日1缶飲んでいる人は、糖尿病前症を発症するリスクが劇的に上昇する。

 糖尿病前症とは、インスリンの作用不足で起きる2型糖尿病の「前兆」をさす。細胞が砂糖を分解し、それをエネルギーに変えるに際してはインスリンが必要とされる。

だが、摂取糖分が多すぎる場合、細胞が適正に反応せず、インスリン抵抗性が始まってしまう。

 このインスリン抵抗性の兆候こそが「血糖値の上昇」に他ならない。完全な糖尿病にはなっていない状態を文字どおり「糖尿病前症」と呼ぶ。

 同研究センターのNicola Mckeown氏によれば、これはまだ「元の状態に戻れる(戻せる)段階」だという。

<戻りたい>ならドリンク選びから

 「砂糖の摂取量を減らせば元に戻ることができる。毎日の砂糖入り飲料を控えること、それは糖尿病への移行を防ぐ<修正可能な食事因子>といえる」

 今回の研究では、約1700人の中年成人のデータに基づいて解析が行なわれた。このデータは、心疾患に寄与する因子に関して複数世代の傾向を観察しているフラミンガム心臓研究(Framingham Heart Study)によるもの。

 注目の解析結果はこうだった。約350mlの砂糖入り飲料を平均週6回(つまり日曜以外の職場などで1缶)飲んでいる層は「最も摂取量が高い群」と区分けされ、他の因子を考慮しないとした場合、その糖尿病前症リスクは46%も高かった。 

 その先で待ち構える2型糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)が正常よりも多くなる生活習慣病だ。初期段階は自覚症状もほとんどないが、高い血糖値を放置しつづけると徐々に全身の血管や神経が侵され、さまざまな合併症を引き起こす。

 この無視できない数値結果に対し、当然ながら米国飲料協会(ABA)が噛みついた。曰く、なにも清涼飲料に含まれている砂糖ばかりが<糖尿病前症の危険因子>になっているわけではないだろう、というわけだ。
小さじ18杯分もの砂糖が......

 飲料協会側は、反論材料として、こうも述べている。

「糖尿病前症の危険因子についてはメイヨー・クリニックなどの信頼できる米国保健機関が、他にも体重や運動不足、人種や家族歴などの因子が含まれると指摘しているではないか」

 ところが、Mckeown氏らの執筆陣によれば、仮に他の因子を考慮した場合においても「砂糖飲料摂取に起因する同リスクは約27%の上昇が認められた」というから双方の主張はかみ合わない。

 もっとも、今回の報告はあくまでも観察的研究の域を出ないため、直接的な因果関係を証明したものではない。

 しかしながら、ニューヨーク市にあるマウントサイナイ・アイカーン医科大学のDeena Adimoolam助教授が語る次の談話は、無類の炭酸飲料好きも無視はできないだろう。

 「20オンスボトル(約590ml)の炭酸飲料には、砂糖が小さじ18杯分も含まれているものがある。自分が何を飲んでいるのかを自覚し、飲料にもカロリーがあるという基本を忘れないことが肝要だ」

最初のステップにダイエット飲料もアリ

 じつは今回の研究では、ダイエット炭酸飲料を毎日飲み続けても糖尿病前症のリスク上昇は認められなかった。

 過去の別研究によれば、ダイエット炭酸飲料と2型糖尿病リスクの関連を示唆する報告も存在するが、Mckeowu氏らの見解はこうだ。

 「もし、砂糖入り飲料を飲む習慣を控えようと考えているならば、そのステップとしてダイエット飲料を取り入れても、健康への長期的な悪影響はないだろう」

 いずれにしても、食習慣全体を見直すことが大切だ。普段から摂取している飲食の内容を一度見直して見ることを勧めたい。

 アナタのその1缶、本当に大丈夫!?
(文=編集部)