キム・ナムギル&キム・ミョンミン主演「パンドラ」リアリティ溢れる16種類のスチールカットを公開

写真拡大

韓国初の原発を題材にしたパニック映画「パンドラ」が巨大なスケールを予感させるリアリティ溢れるスチールカットを公開した。

28日、配給会社のNEWは「パンドラ」の16種類のスチールカットを公開した。スチールカットは想像もできなかった災難に直面した平凡な人たちとパニックに陥った韓国の姿をリアルに描き、圧倒的な没入度を見せる。

まず、平凡な日常を過ごすジェヒョク(キム・ナムギル) と家族の和気藹々とした姿、地震によって修羅場になった村の姿の対比が視線を釘付けにする。特別な人間ではなく、誰にでも起こりえる状況であるため、さらに現実的に感じられる。

原発に閉じ込められた人々の凄まじい苦闘と原発の爆発によって全てが崩壊してしまった災難の現場、そして同僚たちを助けるために危険を辞さない主人公たちの熾烈な死闘はスチールカットだけでも手に汗を握らせる緊迫感とスケールの大きさを感じさせる。特に生き残るために避難先から出てきた人たちとパニックの中でも愛する家族を守るために奮闘する姿は共感を得ており、胸に染みる感動を届ける。さらに緊張感が漂う大統領府の姿まで加わり、本作を見せてくれる多彩な見どころを期待させる。

「パンドラ」は韓国初の原発を題材にした超大型パニック映画として注目を集めている。特に最近韓国で発生した地震をはじめ、現実的な問題と相まってさらに話題となっている。

歴代最大規模の地震に続き、朝鮮半島を脅かす原発事故まで、予期せぬ災難の中で最悪の事態を防ぐための平凡な人たちの死闘を描いた「パンドラ」はキム・ナムギル、キム・ミョンミンをはじめ、チョン・ジニョン、キム・ヨンエ、ムン・ジョンヒ、イ・ギョンヨン、カン・シニル、ユ・スンモク、キム・ジュヒョンなど、信頼できる俳優らが出演する。

来月7日に韓国で公開される。