過激ドレスでヘアなし股間を露出してしまったクリッシー/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジョン・レジェンドの妻でモデルのクリッシー・テイゲンが、ヘアなしの股間露出に続いて、ブラジャーと胸丸見えドレスを着ていたことで、とうとう炎上騒ぎに発展した。

【写真を見る】「露出狂」と炎上!歌手ジョン・レジェンドの妻クリッシー・テイゲン/写真:SPLASH/アフロ

アメリカン・ミュージック・アワードで夫ジョンと一緒にレッドカーペットを歩いた際、股間ギリギリ・スリットドレスよりもっと過激な、Yousef Akbarのわき腹ギリギリ・スリットドレス姿で登場し、ヘアなしの股間を露出させてしまったクリッシー。あまりの過激さに非難も殺到したが、2度の謝罪によって、好意的に受け止める声も多かった。

しかしクリッシーは数日後、凝りもせずに今度は、フロント、バック、そしてわき部分が大きく開いたFlynn Skyeの白いドレスを着て、スーパーマーケットでショッピングする姿をパパラッチされた。

前回、下半身は丸見えだったものの、ラウンドネックに長袖と、トップスの露出は最小限におさえていたクリッシーだが、デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると今回は真逆。脚は全く見せていない代わりに、フロントは白いブラジャーラインすれすれのプランジネックで胸元が丸見えなうえに、バックのカットはおしりまでとさらに深く、白いレースのブラが丸見え。

前回も、一歩間違えば股間を露出してしまうことが前提のデザインだったとして、クリッシーに対し「見せたがり」「露出魔」といった非難の声はあがっていたが、今回はハプニングでなく、明らかに見せるためのドレスとあって、不快感を覚える人たちも多かった様子。

「今度は上半身露出。やっぱり見せたがり」「こんな露出狂だとは知らなかった」「売れないから話題を作りたいとしか思えない」「不愉快」「ていうか、子供たちもいるのに昼間にこんな格好でスーパーマーケットに行くってどうなの?」といった非難の声が殺到している。【NY在住/JUNKO】