ウィリアム王子はヘンリー王子の熱くなる性格を心配しているという/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

仲のいい兄弟として知られているウィリアム王子とヘンリー王子が、ヘンリー王子と女優メーガン・マークルの交際をめぐって対立していると英紙デイリー・メールは伝えている。

【写真を見る】仲良くイベントに参加するウィリアム王子とヘンリー王子/写真:SPLASH/アフロ

ウィリアム王子は、まだ交際して日も浅いのに2人の関係を公にしたヘンリー王子に批判的な立場をとっているそうで、王室の人間が声明を発表して自分の感情をストレートに表現するのはいかがなものかと危惧しているという。

「ウィリアム王子は、ヘンリー王子がメーガンとの交際を認め、感情的な声明を発表したことについて間違いだったと思っています。あの声明は、不必要な情報を与えすぎ、ヘンリー王子がメーガンとの交際をどれほど真剣に考えているかということを民間の人に推測させるばかりでした」

「これから2人の恋愛が発展するにせよ、しないにせよ、早い時期にあのような声明を出したことでヘンリー王子は将来的に難しい立場に立たされるのではないかと心配しています」と王室関係者が同紙に証言。

「ウィリアム王子は、弟がすぐ熱くなる性格だと知っていますし、個人的には彼とメーガンの気持ちも理解できます。メディアに報道の自粛を呼びかけた声明に、メーガンも関わっていたのは間違いありません。だけど、ウィリアム王子は、弟が自分の感情をあれほど明確に示したのは間違いだったと信じています」と関係者は話している。

キャサリン妃も、ウィリアム王子と交際していた当時、パパラッチにつけ回されたり、写真を撮られたりしていたが、ウィリアム王子がそれについて、メディアに自粛を要請するような声明を出したことはなかった。

「ウィリアム王子は、こうしたことに関しては、慎重に動くことが大事だと考えています。それに、王室が声明を発表するのは、他に手だてがなくなったときに限られるとも考えています。だから、キャサリン妃とメディアの問題は、騒いで声明を発表するに足る問題だとは思わなかったようです」と関係者は明かした。【UK在住/MIKAKO】