離婚と親権争いのストレスでアンジェリーナがさらなる激ヤセ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ブラッド・ピットに、6人いる子供たちの単独親権を求めて離婚を申請してから2か月以上経過したが、いまだ合意に至っていないアンジェリーナ・ジョリーのストレスはピークに達した様子。拒食症に加えて、チェーンスモーキング復活で、さらなる激ヤセ状態になっているようだ。

【写真を見る】アンジェリーナ・ジョリーが食事もとらずタバコを吸いまくり!?/写真:SPLASH/アフロ

「アンジェリーナは食事もろくにとらないどころか、1日2箱以上タバコを吸うようになり、まさにチェーンスモーキング復活です。子煩悩だったブラッドから子供たちを奪うことは容易でなく、アンジェリーナのストレスは限界に達しています」

「両乳房や卵巣などを取り除いても、ガンを患う可能性がなくなったわけではありません。喫煙はガンの発症率を高めるので避けるべきなのですが、アンジェリーナはおかまいなしです。タバコに頼らざるを得ない精神状況と言ってもいいでしょうが、激ヤセ以上に喫煙が体に与える影響を懸念されています。しかし、だれも止められないようです」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語った。

アンジェリーナは、ブラッドによる子供たちへの暴力がなかったと認められ、窮地にたたされていると言われており、今後の動向が注目されている。【NY在住/JUNKO】