浴衣姿でイベントに参加

写真拡大

 向井理主演、堤幸彦監督作の映画「RANMARU 神の舌を持つ男」(中略タイトル)の公開直前大宴会イベントが11月28日、都内で行われ、向井と堤監督をはじめ共演の木村文乃、佐藤二朗が、司会を務めるお笑いコンビ「うしろシティ」の金子学と阿諏訪泰義とトークを繰り広げた。この日は映画オリジナルの特製浴衣を羽織って登場した向井たち。観客には料理が振舞われ、芸者による演舞も披露されたことから「本当にただの宴会ですね」と口々に語っていた。

 今作は堤監督によるTVドラマシリーズ「神の舌を持つ男」の映画化。舐めたものの成分を分析できる主人公・朝永蘭丸、ハイテンション女・甕棺墓光、ツッコミ鋭い常識人・宮沢寛治というポンコツ3人衆の珍道中を描く。向井はTVドラマ撮影時を振り返り「抜群に草津での撮影が印象的」と告白。「二朗さんと2人で貸し切り風呂に入ったことがあります。浴槽が狭かったのでかなりギュウギュウの状態だったな」と明かすと、佐藤は「理がね、きちんと湯もみをしてくれてましたよ」と仲の良さが伺える思い出話を披露した。

 「だるだるの体で湯に浸かる私の姿を見て、息子は泣き、妻は絶句していました」と爆笑エピソードを話す佐藤に対し、木村が「美術さんが用意してくれた小道具を自分で勝手に選んで演技に取り入れてました」とアドリブも盛り込んでいたことを明かし「でも演技の9割位は堤監督の無茶ぶりです」と暴露。佐藤から「謝ったほうがいいよ!」と突っ込まれた堤監督は「やれと言えばこなす女優さん。こっちも面白くなって、どんどんハードルを上げました」と木村のコメディエンヌとしての才能を認めていた。

 この日は、向井たちが阿諏訪が考案した温泉卵かけごはんの隠し味を、味噌、からし、すし酢の3択から当てるというゲームに挑戦する一幕も。向井は「塩分がありますね」と分析して味噌をチョイスするが、堤監督は「断じてからしが正解」と自信満々に回答し、木村と佐藤も「味がしまるような感じ」「ちょっとピリっときた」とからしを選択。結果はまさかのからしだと判明し、「料理好きですから」と語っていた向井の面目丸つぶれ。苦笑する向井の姿に場内は大爆笑だった。

 「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」は、12月3日から全国順次公開。