先日イタリア、ミラノで開催された「ドゥカティ・ワールド・プレミア2017」にて、ドゥカティの2017年モデルが発表されました。

今回は、ドゥカティが世界に向けて「スーパースポーツとはこうあるべき」と一石を投じるようなモデル「1299 Superleggera(スーパーレッジェーラ)」をご紹介します!

1

新しく発表された「1299 Superleggera(スーパーレッジェーラ)」は、市販バイクとして初めてカーボンファイバー製のフレーム、スイングアーム、サブフレーム、ホイールを装着しています。

これまで他のモーターサイクル・メーカーによって製作された市販モデルでは決して実現できなかった「最高峰のレベル」を目指し、至高のパフォーマンスを追求しているモデルになります。

この時点で「最強」であることがすでに感じ取れますが、この「1299 Superleggera」は「500台限定で生産」されるそうです。

ただ最強なだけではなく「プレミアムで、しかも最強」なバイクなのですね。

「1299 Superleggera」のカーボンファイバー製ボディパネルの中には、ハイパフォーマンス・バージョンに進化した「スーパークアドロ・エンジン」が搭載されています。

このエンジンにも最高レベルの「ドゥカティ・テクノロジー」が惜しみなく投入され、「市販のLツインエンジン」史上もっともパワフルな、最高出力215馬力を発生します(※イタリア本国仕様、Euro4規制に適合)。

215馬力を発生する高性能エンジンと、全身をカーボンファイバー製の装備にまとったスーパースポーツバイク。まさに、レースで「勝つ」ために生まれてきたバイクといっても過言ではないでしょう。

なんとも、ぶっ飛んだスペックのバイクが登場しましたね!全身にカーボンファイバー製の装備をまとった市販のバイクなんて、これまでに聞いたことがありません。

500台限定生産ということで、なかなかお目にかかる機会がなさそうな1台ではありますが、DUCATIユーザーのみならず、スーパースポーツに興味のあるユーザーにとっては、神的存在なバイクになりそうです。

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

これぞ、SSの極み!DUCATIの2017年モデル「1299 Superleggera」が最強すぎる(http://clicccar.com/2016/11/28/418354/)