写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Cloud Paymentと双日システムズは11月26日、継続請求管理ロボット「経理のミカタ」の外部連携機能を、クラウドEAIサービス「PolarisGate」を使用することで強化したと発表した。

Cloud Paymentの「経理のミカタ」は、請求書の送り先、請求書の内容を入力するだけで、完全自動で請求書発行、送付まで行えるサービスで、設定すれば、毎月や毎年など設定した期間ごとに請求書の発行、送付が可能となる。

双日システムズの「PolarisGate」は、ERPやCRMなどの各種アプリケーションとの連携モジュールが標準装備されたEAIクラウドサービス。データ連携に関するプログラム開発がノンコーディングで行えるほか、クラウドサービス化することで基盤の選定や構築が不要になるという。

今回の連携により経理のミカタは、PolarisGateを通じて、企業内外のさまざまなシステムと連携できるようになった。システム間において異なるフォーマットで収容されている複雑なデータが、双方向で自動的にやりとりできる。

また、お互いがブラックボックスとなっていた複数のシステムが常に同期されることで、データ活用の前提になる「データ収集段階」での業務の正確性とスピードを向上させることが可能となる。

提供価格は、別途見積もり。なお、データ連携の初期費用はすべて双日システムズが行う。

(山本明日美)