Sechs Kies、ニューアルバムのトリプルタイトル曲の一つ「恋情」最初の予告映像を公開

写真拡大

「アコースティックギターバージョンの恋情」

Sechs Kiesが「2016 Re-ALBUM」の最初の予告映像を公開した。

YG ENTERTAINMENTは28日午前10時、YG公式ブログとNAVERライブ映像配信アプリ「V」を通じて「2016 Re-ALBUM」のトリプルタイトル曲の一つである「恋情」の予告映像を公開した。

公開された映像の中にはある女性と一緒に過ごしているカン・ソンフンのムーディな姿が映っており、視線を引きつける。また、別の映像で公開された新曲の一部は、ギターのメロディとカン・ソンフンの甘いボーカルが調和し、原曲とはまた異なる雰囲気を醸し出した。

Sechs Kiesの「恋情」は1997年、Sechs Kiesのデビューアルバムの収録曲で「何か言ってちょうだい。戻すことはできないでしょう/こんな日が来ると思った/それでも胸は崩れ落ちますね」と別れを題材にした歌詞が入ったトロット(韓国演歌) 風のダンスナンバーで当時人気を博したヒット曲だ。

YGはこれに先立ってSechs Kiesのヒット曲で構成された「Re-ALBUM」のトラックリストを公開し「カップル」「騎士道」「恋情」の3曲がトリプルタイトル曲であることを明かし、話題を集めた。

Sechs Kiesは12月1日「2016 Re-ALBUM」を発表し、音楽番組はもちろん、MBC「ラジオスター」、MBC every1「週刊アイドル」など多数のバラエティ番組に出演し、ファンと出会う予定だ。