先日発売されたばかりのCRF250RALLYモデル。ミドルクラスでここまで完璧なラリーモデルは近年このバイクだけです。MotoBeでは一足先に一足先に実車を見物してきました!

1

■クラス上の質感・スタイル

CRF250RALLYを実際に見てまず思ったのは車格のデカさ!250とは思えない存在感を放っています。

しかしベースはCRF250Lなので、実際に触ってみたり跨ってみたりしてみるとデカい感じはしません。足付きこそ少し高めですが、身長170cmの足短め筆者が乗っても両足付きます。

■独特すぎるフロントマスク

このマシンが発表された時に話題になったのがこのフロントマスク。「ガスマスクみたいだ…」とも言われてました。

この異型ヘッドライトと長いスクリーン…。間近で見てもやっぱりかっこいい!

右側がLow、左側がHighとなっていますが、よくよくみてみるとHighの中に「RALLY」の文字が。手の込んだ仕様になっています!

■遠くにもいけるからこそのRALLY

オフ車ってよく「高速キツイ」とか「遠くにはいけない」って声を聞きますが、それじゃあ家の近くでしか乗れねーじゃねえか、って思いますよね?

しかしCRF250RALLYは違います。エンジンは低回転だけでなく、高回転にもパワーを降ることでツーリングなどの巡航も楽に。ウィンドウの効果もあって疲れを軽減してくれます。

足回りはCRF250Lからフロントを30mm延長。リアはサスペンション、リンク系を新設計し最低地上高を15mmアップ。

障害物などを乗り越すのもラクラクになりました。

■アフリカツインベースのABS搭載!

メーター周りもスッキリとしています。しかしよく見ると左下に何やらボタンが…。

これはリアのABSキャンセラー!ABS作動時はオフロードの上で初心者が乗っても止まりやすいセッティング。これはアフリカツインからきています。

リアだけABSを切ってワイルドに遊ぶ、なんてことも可能に。ハイテクだぞこのバイク!

■デザイン・機能全て満足

テール周りはかなりスッキリとしています。テールランプがフェンダーの下に付いていて、サイドカバーは小物入れになっています。

シートにも実際に跨ってみましたが、固すぎず、沈みすぎず、ポジションも楽なのでオフでもツーリングでも期待できる感触でした。

■ベースになったのはこのマシン!

今回のCRF250RALLYのベースとなったのはラリーレーサー「CRF450RALLY」。ダカール・ラリーなどのラリーレースで高戦績を収めているマシンです。ここで培った経験がCRF250RALLYに盛り込まれているわけですね。

スタイリングもまんまそっくりです!

ラリーを知っている人はもちろん、知らない人でも独特なこのスタイリングに惹かれる方も多いんじゃないでしょうか。とにかく質感・存在感がかなり高いバイクでした。

次回は試乗インプレッションをお届けできるかもしれません!お楽しみに!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

地上ならどこでも行ける!? 週末冒険バイクはこれに限る。CRF250RALLYを見てきた(http://clicccar.com/2016/11/28/419581/)