わぁーい両想い! 脈アリな男性の言動6パターン

写真拡大

気になる人の脈アリ加減がすぐわかれば、アプローチを仕掛けたり距離を縮めたり、できることも増えそうですよね。そこで社会人女性に「これは脈アリかな?」と思う異性の言動を教えてもらいました。気になる人がいたら、ぜひここをチェックしてみて!

■じっと目を見つめられたら、脈アリの可能性大

・「やたらと視線を感じるとき。毎々じーっと見られていると感じたときに私を好きなのかなと思った」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「言動よりも、ずっと目を見つめられると『そうかな?』って思っちゃう」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

誰かを意識し始めると、その人のことが常に気になり目で追うようになってしまいますよね。気になる人からの視線を感じたら、脈アリの可能性大です。

■無理な日程でも自分に合わせてくれる

・「自分から誘った日が相手の都合か合わないときに、別日を言ってきてくれるとき」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「2人で遊びに行く頻度が増えて来たとき。相手が無理な日程でのお願いを聞いてくれたら可能性が高い」(29歳/食品・飲料/その他)

2人で出掛けることが決まったら、少しだけ無理を言って反応を見てみるのもアリかも? 脈アリな男性は高い確率で自分に合わせてくれるのだそう。

■自分のプライベートな情報に興味津々なとき

・「『○○好き?』と好みを何度も聞かれたとき。誕生日プレゼントや大勢が対象になるものではなく、個人的な好みを聞かれるとちょっと考える」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分のプライベートに興味を持ってくれて、細かくつっこんでくる人」(29歳/機械・精密機器/技術職)

好きな人のことは、ささいな情報でも何でも知りたくなりますよね。他人にはあまり興味ないであろうプライベートな情報に、食いついてきたらかなり脈アリ!

■次につなげようという姿勢がある

・「今度今度次はというつながりを切ろうとしないとき」(30歳/その他/事務系専門職)

・「食事等に誘われた際、帰り際に、次の都合の良い日をさりげなく聞かれる」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

一度の機会が一度で終わらず、二度・三度と続く場合も相手が本気な証拠。会話の中に「次はどこへ行こうか」という言葉が出てきたら、もう恋はすぐそこかも?

■好きな人がいるかどうか聞いてくる

・「ところかまわず『彼氏いるの?』『どの位彼氏いないの』と聞いてくる」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『好きな人いるん?』と聞かれたら脈あり?と思う」(25歳/商社・卸/営業職)

知り合って間もない男性が「脈アリかどうか」を知りたいなら、この質問があるかをチェックするといいかもしれませんね。これも脈アリかどうかがわかりやすい質問。

■無理難題を言ってもついてきてくれる

・「からかったり意地悪を言っても、私が打ったメールに返信を速攻で返したり、こちらからデートの提案をすると、毒を吐きながらでも、『行く』と返事が来る点」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「いつも対応が穏やかで、こちらの多少無理なお願いでも答えてくれるとき」(33歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

脈アリかどうかを飛び越え、相手が本気かどうかを知りたいなら無理難題をふっかける方法も!? これでもついてきてくれたら本気間違いなしですよね。

気になる人が自分のことを少しでも意識してくれていたなら、男性からのアプローチを待つだけでなく、自分からも安心してアプローチできそうですよね。ぜひ最近気になっている人がいるなら、こんな言動がないかどうか入念にチェックしてみて!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数209件。25歳〜34歳の社会人女性)