元MBLAQ チョンドゥン、カムバック予告イメージを公開…非の打ち所のない“完成形ビジュアル”

写真拡大

元MBLAQのチョンドゥンがソロアーティストとして音楽活動を再開する。

チョンドゥンの所属事務所であるMYSTICエンターテインメント(APOP) は28日、チョンドゥンの12月ソロアルバムでのカムバックを公式発表し、予告イメージを初めて公開した。

公開された写真の中でチョンドゥンは雰囲気ある姿で視線を引きつける。非の打ち所のないルックスと、さらに成熟した雰囲気、ダンディなファッションが調和し、“完成形ビジュアル”のお手本を見せている。

12月発売予定のチョンドゥンのソロアルバムでは、トレンディなジャンルをベースにした様々な試みを通じて、チョンドゥンならではのカラーのある音楽を披露する予定で、MBLAQの活動では見られなかった新しい魅力をアピールする予定だ。

特に、2012年と2014年に発売した自作曲シングルを通じて、ソングライターとしての素晴らしい能力と音楽に対する情熱を見せただけに、今回のアルバムを通じて披露するチョンドゥンの音楽的成長が期待を高めている。

2009年MBLAQのメンバーとしてデビューしたチョンドゥンは精力的にグループ活動を展開し、ハンサムなルックスと強烈なパフォーマンスで人気を得て、MBLAQのアルバム収録曲「Dress Up」「Sexy Beat」などの作詞と作曲に参加し、ミュージシャンとして成長を遂げた。

また、ソロアーティストに転身した昨年は、MBCドラマ「女を泣かせて」で初めての正劇(シリアスで深みのある内容を扱った作品) に挑戦して好評を受け、最近はMBLAQのメンバーだったイ・ジュンが出演するMBCドラマ「キャリアを引く女」でカメオ出演するなど、俳優としても着実に活動を積んでいる。

チョンドゥンのソロアルバムに関する詳細は、MYSTICとチョンドゥンの公式SNSを通じて逐次公開される。