B1A4、タイトル曲「嘘だ」MV公開…切なく情緒的なメロディと成熟した魅力

写真拡大 (全2枚)

感性のB1A4が帰ってきた。切ない別れの気持ちだ。長い待ち時間の末に帰ってきた彼らは、長い待ち時間を補償してくれるように13曲をぎっしり詰め込んだフルアルバムでB1A4ならではの感性を伝えた。

B1A4が28日午前0時、3rdフルアルバム「Good Timing」をリリースした。1年3ヶ月ぶりに帰ってきた完全体らしく、さらに成熟した感性を着実に詰め込んだ新曲でいっぱいの贈り物ようなアルバムだ。

タイトル曲「嘘だ」は、妙な中毒性がある。静かで感性的なメロディが冬シーズンに相応しい曲だ。刺激よりは無限的な雰囲気の強いこの曲は、落ち着いてもいるし、また感情を1度に吐き出すように情熱的でもある。その上、緊張感まで加わった。B1A4がこれまで聴かせてくれた音楽的な感性より一層成熟した感じだ。

この曲はジニョンの自作曲で、「嘘だ」というタイトルからもわかるように、愛する恋人と別れる男の気持ちを描いた。決別を語ったが、全て嘘だった、という話をジニョン独特の情緒的な歌詞で語った。物語があり、メンバーたちが1つずつ積み重ねた感性、音色が魅力的だ。ジニョンならではの感覚的なメロディが付け加えられた。

今回のアルバムは、久しぶりに公開する完全体のアルバム、かつフルアルバムであるだけにメンバーたちが非常に念を入れて作った。ジニョンとシヌゥの自作曲でアルバムがいっぱいになっている。変化無双で多彩なジャンルの曲を収録し、様々な音楽的なカラーを盛り込んだ。演技とミュージカル、ソロアルバムなどで培ったメンバーたちのスキルが相乗効果を発揮し、アルバムが出来上がった。

再開されたB1A4の完全体としての活動。冬によく合う音楽と感性で音楽ファンの心を惹きつける、1度は是非聴いてみる価値のあるアルバムが誕生した。